2008年09月19日

自民党参議院のドン

自民党参議院のドンとよく称される青木幹雄氏。

竹下登元首相の秘書であり、地元島根では(恐らく)絶大なる人気。
地元に入らなくても選挙が戦える人物はそう多くはいない。

記憶にあるのは小沢氏。

確か前回の衆議院選で地元には戻っていないはずだし、
自民党幹事長時代も同様に戻っていないはず。(確証はありません)

旧田中派重鎮のプレイスタイルは変わらないようだ。

昔は、こういったやり方を批判したが、最近は学びたいと思う。

彼らは、自分自身が選挙に勝つことは簡単だと思う。
彼らが背負っている人々と共に勝つことに尽力している。
批判は簡単だが、この姿勢は素直に見習いたい。

手段として、違法なことは何も無い。胡散臭いと思うことが
政治には多々あるが、それでも立派である。

あと興味としては、
1)岩手4区の小沢氏の後釜候補の応援演説を地元でするのか?
2)果たして、その候補は当選するのか?
  (比例候補に連ねるか、連ねるならば名簿で何位に据えるか)

楽しみは尽きない。



                          @ABhp


posted by 神山大 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。