2008年09月20日

9,000万円 いかがなものか?

横浜Mの中澤選手の年俸が9,000万円らしい。

お金だけで動く人物ではないだろうが、J2以下のチームでも
獲得可能な金額ではないだろうか。

30歳到達であれば、移籍金は0円。

ドーンと、2億円くらい払えば来るんだろうな。
チームのてこ入れにはもってこいの人材だと思う。

彼を評価する点。(あくまでも、主観です。お許しを)
・へたくそでった。(ヴェルディ時代、へたくそで私は嫌いだった)
・南武線でおにぎりを食べながら等々力競技場に練習に通っていた。
・努力で這い上がってきた。
・気持ちでプレーするタイプ。
・ゴン中山は気持ち中心で技術が無いが、中澤はその上を行っている。
・一度代表を辞退しているのに、復帰した。
 (G大阪の加治のような選択する人間より1億倍評価できる人生)

こんあ感じです。

プロ野球の年俸が高すぎることがよくわかる事例です。
野球の応援はそこそこに、サッカーやその他のスポーツを
チケットを観戦し、本来、お金を手にすべき選手に分配して
あげましょう。


<移籍金参照:ウキペディア>

<記事リンク先>


                         @ABhp
posted by 神山大 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106694946

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。